ニューヨーク・カウントダウン
ニューヨーク発ワシントン・ナイアガラの滝ツアーレポート

せっかくここまで来たんだから、ナイアガラの滝だって見たい

個人旅行で来た僕たちはナイアガラの滝に行く手段を考えた。
インターネットを駆使し、ニューヨークの街を歩き回ってたどり着いたのがこのツアーだった。

ツアー会社

E-WORLD TRAVEL&TOURS,INC. http://www.paradiseusa.com/
僕らの申し込んだツアー:「3 Days Washington D.C., Philadelphia, and Niagara Falls 」

ツアー料金

金額 内容 含まれているもの 含まれていないもの
165ドル(※) 2泊3日
フィラデルフィア
ワシントンDC
ナイアガラの滝
ホテル代
バス代
ガイド(中国語・英語)
食事
入場料
チップ
これらは含まれていない

※2008年3月時点で175ドルになっていた
※3人で申し込むと1人が無料になる

ツアー 日程

僕たちは、年明け1月4日に出発した。
サマーシーズン(4月1日〜10月24日)は、このツアー内容と少し異なるようだ。

日程  
1日目 ニューヨーク出発
フィラデルフィア観光
ワシントンDC観光
2日目 ハーシーズチョコレート工場見学
コーニングガラス博物館
夜のナイアガラの滝
3日目 ナイアガラの滝
ニューヨーク帰着18時ごろ

1.フィラデルフィア

ポイント

1.リバティベル(自由の鐘)が見れる

2.独立記念館(ユネスコ世界遺産)の外観が見れる。(※)

3.ニコラスケイジ主演映画「ナショナルトレジャー」にこの付近のシーンがちょっとだけ出てくるので、興味ある人はどうぞ。

※時間の都合で中には入れない

アメリカ独立記念館 フィラデルフィアの自由の鐘

2.ワシントンD.C

ポイント

1.リンカーン記念館に行ってリンカーン像を見ることができる

2.ワシントン記念塔の外観が見れる。(※)

3.スミソニアン博物館にいって月の石を触ることができる。

4.ホワイトハウスを柵越しに見ることができる(少し遠い)

5.ライトアップされたジェファーソン記念館に入れる

※時間の都合で中には入れない

アメリカに思い入れのない僕たちにとってワシントンは特別な場所ではない。
だからこのチープなバスツアーがなければ、僕たちは一生ワシントンに来ることはなかっただろうと思う。
そう考えれば、このツアーは大変ありがたかった。

ワシントン記念塔 トーマスジェファーソン記念堂

3.ハーシーズのチョコレート工場

ツアー2日目は、ここハーシーズのチョコレート工場見学からはじまる。

ポイント

1.工場というよりは、ミニテーマパークっぽい

2.この工場で作られたチョコレートをおみやげに買うというのは、定番

僕たちは、ここで朝食を悠長に食べていたらおみやげのチョコレートを買う時間がなくなってしまった。

そして、これが夫婦ゲンカへと発展し、その後バス内では険悪な雰囲気に・・・

ハーシーズチョコレート工場

4.ガラス博物館

2日目はワシントン郊外から一気にナイアガラの滝までバスは向かう。
つまり、ツアー2日目は移動日といっても過言ではない。

その移動の間にちょっと寄ったのが、ここガラス博物館。

ここは、オプションになっていて、入場料は別途とられる。

ここはまわりに何もなく、しかも2時間近い時間があてられているため、オプションに参加しないと不毛な2時間を過ごすことになる。

入場料:大人 12ドル(ツアー代に含まれず)

コーニングガラス博物館外観

5.ナイアガラの滝

今回のツアーの最大の目的であるナイアガラの滝。

ここには、2回訪れる。
2日目の夜、ライトアップされたナイアガラの滝をまず見る。
そして翌日の朝に来てまた見る。

冬なのでボートで近づいたりできないのだが、僕らはただ、ナイアガラの滝を見ることができればよかったので、満足である。
入場無料(冬季だから?)

冬のナイアガラの滝

ツアーの食事

初日はフィラデルフィアを出発した後に立ち寄ったビュッフェレストラン。
もちろんツアー代に食事は含まれていない。希望者は到着前にバスの中でお金を徴収される。

食べ放題、飲み放題。モンゴリアンバーベキューといって大きな鉄板で肉と野菜を炒めてくれるのがおいしかった。1人9.5ドル(チップ込み)

ニューヨーク発ツアーのランチで入ったレストラン ニューヨーク発ツアーの食事ランチ

初日の夜は、中華を円卓を囲んで食べる。スープ、野菜、魚、肉・・・料理は6種類以上あったと思う。

ラテン系の人たちは、激しくたくさん食べるので、うかうかしていると、おかずはなくなっていく。 味も量もまあまあ。悪くない。1人12.5ドル(チップ込み)

ニューヨーク発ツアーの食事夜ご飯 ニューヨーク発ツアーの食事夜ごはん

初日以外は、バスガイドがお金を徴収して食べに行くという形式はなかった。
昼はファーストフード、夜はバイキング。バスはそれらが2,3軒集まっているところに停めて、あとは勝手にどうぞ、といったものだった。

ツアーのホテル

ベストウエスタンホテル

ワシントンDCを出発して1時間後に到着した田舎のホテル。

ホテルの説明をみるとどうやらメリーランド州らしい。

部屋はきちんとしたシティホテルのよそおい。ベッドもシャワーもなにもかもちゃんとしている。バックパッカーで安宿ばかり泊まりあるいていたから、高級ホテルに泊まった気分だ。ただし、酒は売っていないのが残念。

ニューヨーク発ワシントン・ナイアガラツアーホテル01外観 ニューヨーク発ワシントン・ナイアガラツアーホテル01内観

ホテルアダムスマーク

バッファローにあるホテル。ここからナイアガラの滝までバスで40分くらい。

部屋はベストウエスタンより少しランクアップしているようだが、ほとんど変らない。1階にバーがあるが、店がクローズするとやはりここも酒が飲めない。

ホテルに到着したらとりあえず一杯といきたいのが日本人の性。アメリカが世知辛くかんじる。

ニューヨーク発ワシントン・ナイアガラツアーホテル02外観 ニューヨーク発ワシントン・ナイアガラツアーホテル02内観

ツアーガイドについて

チップ:1日6ドル×3日間 で1人18ドル

これは、ツアー最終日、ツアー客全員にガイドが求めたチップだ 。

「チップというのは、求められて払うものではない!」
スペイン語を話す南米系の人々は怒った。
そして一部の人はチップを拒した。

「サービスは中止だ!お前たちバスから降りろ」
今度はガイドがそ言って怒る。バスの中は騒然となる・・・

アメリカの場合チップが彼らの収入になるわけだから、ガイドとドライバーの二人分のチップが合わせて3日間で18ドルだったら安いくらいだと思うけど。

いつも起こり困った顔をしていたガイドのスカイ。

僕たちは、その見ていて飽きないキャラが好きだったので、
気持ち大目にチップを渡した。

ニューヨーク発ワシントン・ナイアガラツアーガイド

このツアーを
ちょっとエラそうに総評なんかもしてみた

このツアーに向いている人:

軽い気持ちでワシントンやナイアガラの滝を見に行きたい人・・・
要するに僕らに見たいにニューヨークカウントダウンがメインで

「せっかくだからついでにナイアガラの滝でも見にいくべ」 、といったノリの人だったら安いしいいと思う。

このツアーに向いていない人:

ナイアガラの滝を思う存分見て味わいつくしたい、ワシントンでもめっこり時間をかけてまわりたい、そんな人はやめたほうがいい。
あと、食事にこだわりたい人も無理かも。食事はファーストフードとビュッフェしかない。アメリカらしい食事ではあるけど。

総評:

いろいろ調べた中で断然安かったのがこのツアー。
宿泊、移動、ガイドしか含まれていないシンプルなツアーだけど、ライトな感覚で観光するならおすすめです!

ツアー会社

E-WORLD TRAVEL&TOURS,INC. http://www.paradiseusa.com/
僕らの申し込んだツアー:「3 Days Washington D.C., Philadelphia, and Niagara Falls 」

copyright 2008 (c) World Wide Kawa All Rights Reserved